1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:31:48 ID:oI0
興味のあるJボーイ来てクレメンス・・(懇願)

2: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:32:40 ID:oI0
あくまでワイの持ってる漫画やで!!

 

3: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:32:53 ID:S2I
Jでやるだけのラインナップなんやろな

 

4: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:33:26 ID:oI0
>>3
まぁ気軽にみていってくれやで~

 

5: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:34:09 ID:oI0
第10位 アゲイン!! 作者 久保ミツロウ  全12巻 (完結)

映画化にもなったモテキ!の久保先生が書いた学園青春ストーリーや!
あらすじ
3年間の高校生活を自堕落に生きてきた主人公、今村金一郎は卒業式の日に階段から転がり落ちてしまい
3年前の入学式の日にタイムスリップしてしまう。
そこで待っていたのはかつて同じ様に自分に声を掛けてきた女子の応援団長、宇佐美であった。
2回目の高校生活の始まりであった。
俗に言うタイムスリップ物この主人公が、ワイと被るせいか感情移入しやすい漫画やった
高校生活をダラダラ過ごしなんの思い出もない主人公がただ一つだけ少し未練がある
応援団に入って自分を変えてみようともがくまさに青春臭い漫画やで!
立ち読み

 

6: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:35:19 ID:oI0
第9位 デットマン・ワンダーランド 作者 片岡人生、近藤一馬  全13巻(完結)

アニメ化にもなった漫画(二期早く作ってどうぞ)片岡先生が女性だったことはビックリしたわ
あらすじ
10年前に東京を襲った大災害「東京大震災」により長野県へ疎開していた五十嵐丸太は、クラスメイト達と平凡な生活を送っていた。
しかしある日、丸太の通う中学校に「赤い男」が現れたことで彼の運命は一転することになる。
「赤い男」によってクラスメイト達を目の前で殺された丸太は、何故かクラスメイトを殺した犯人に仕立て上げられ、
無実の罪で死刑を宣告されて完全民営化刑務所
「デッドマン・ワンダーランド」(以降、「DW」)へ送致されてしまう。
そこで丸太は自分が「赤い男」の手により「罪の枝」と呼ばれる特殊能力を持つ人間「デッドマン」になっていたことを知り、やがて幼馴染みの少女シロとの再会、
そして他のデッドマン達との戦い・交流を経て「赤い男」を巡る陰謀に巻き込まれていくことになる。
監獄サバイバルアクションのこの漫画。1巻はあれ?って思ったけど2巻~最終巻まで
世界観に引き込まれてしもた。
また「血液」をいろんな形状にして戦うニワカのワイにしたら面白い設定やと思うた作品
立ち読み

 

7: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:36:02 ID:S2I
>>6
モロに震災直後だったのによくアニメ化できたよな

 

8: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:36:51 ID:oI0
>>7
クレーム来たらしいでやっぱり

 

9: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:37:29 ID:oI0
第8位 幽遊白書 作者 富樫義博  全19巻(完結)

これは知ってるJボーイも多いと思う!ジャンプ黄金期を支えた作品の一つやな!
あらすじ
オカルトや格闘要素を織り交ぜながら、主人公の浦飯幽助とその仲間たちの活躍を描く冒険活劇。
やっぱり暗黒武術会編~から本番やと思う
まだ幽助が霊界探偵のころは思い出せない・・・
19巻で完結やけどものすごい濃い内容に加えて敵キャラが凄く魅力の作品
でも、ネットでよく「仙水編から先は蛇足」ってよく見るけどワイは仙水編からが一番
好きなんや!あの最後の雰囲気も大好きや!
ちなみに飛影と蔵馬が当時、幽助よりも遥かに人気だったためインタビューで「2人が主人公」です。
と茶化したエピソードすこ
立ち読み

 

10: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:37:59 ID:FPn
どうせあれやろ、岩代均藤田あずま荒川福本とかこの手ので見慣れたやつやろ

 

11: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:38:35 ID:oI0
>>10
全員はいってないンゴ・・・

 

12: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:40:18 ID:oI0
第7位 ドリフターズ 作者 平野耕太  全4巻(連載中)




ご存知ヘルシング書いてた作者やで~
あらすじ
西暦1600年、関ヶ原の戦いの最中、謎の存在『紫』の手により島津の退き口から、
エルフやオークのいる異世界に召喚された島津豊久は、同様に流れ付いた織田信長や那須与一と出会う。
その地で「漂流者(ドリフターズ)」と呼ばれる豊久らは、成り行きと武士としての本能から、
人間が支配するオルテ帝国に虐げられるエルフの村を解放
他にもいろんな歴史の偉人さんが出てきて世界史好きのワイは絶頂モンの漫画やった
平野先生特有の言い回しや、魅せ方がワイにどストライクの一冊や!
立ち読み

 

13: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:41:45 ID:Gzj
>>12
連載再開したんだっけ?

 

14: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:42:26 ID:oI0
>>13
休載してたんか・?普通に連載しとるで!

 

15: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:43:07 ID:oI0
第6位 アラクニド 原作 村田真哉 作画 いふじシンセン  全13巻(連載中)

「虫」にスポットあてたバトル漫画(バトル漫画多くてすまんな)
あらすじ
母に先立たれた高校生・藤井有栖は、彼女を引き取った叔父・義雄の家庭内暴力と、
学校でのいじめにより精神的に悩まされていた。
しかしある日、殺し屋・蜘蛛が来訪し叔父を殺害したことにより、彼女の日常が急変する。
蜘蛛は有栖が自分と同じ先天性集中力過剰 (CEC) の持ち主である事を見抜き、肉親を殺されて居場所を失った
彼女を、自分たち殺し屋の「裏社会」へと招き入れる。
この作中に出てくる殺し屋のキャラクターはすべてコードネームがあり、決まって全部虫の名前
で呼ばれる(蜘蛛や、兜虫、雀蜂などなど・・)
それはその呼ばれている虫の特性をいかした殺し方をするので虫の名前で呼び合うんやで~
この漫画はそれぞれ個性の強いキャラクターが多い!(つか全員)
個性の強いキャラ+虫の特性の殺人術。こんなんワイハマってまうにきまってるやん・・・
あとアリスちゃん可愛いんじゃあ^~ バトル漫画好きなら強くお勧めする漫画やで!
立ち読み

 

16: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:45:15 ID:oI0
第5位 GTO 作者 藤沢とおる  全25巻(完結)

2回もドラマ化した藤沢先生の大ヒット作やなこれも知ってる人多いはずやで!
あらすじ
東京都武蔵野市・吉祥寺を舞台に、学校法人・東京吉祥学苑の教師に着任した元湘南の走り屋である鬼塚英吉が、
学園全体に巣食う数々の問題を型破りな方法で解決し
活躍する姿を描いた学園漫画。
ストーリーはモチロン顔芸が面白いこの漫画(特に教頭)
厨房のくせにタバコを平気で吸うやつや、天才ハッカー×2がいたり、IQ200の
天才美少女いたり、ヤクザの息子がいたり、テコンドーマスターの美少女いたり
非常にカオスな3-4の担任になった鬼塚がいろいろな事件を乗り越える作品
ぶっちゃけドラマもアニメもみたが1番漫画が面白いと思う。
そして鬼塚より年をとったということ思い出すと少し鬱になる。
立ち読み

 

17: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:45:15 ID:bj0
藤田和日郎はいるやろな

 

18: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:45:56 ID:oI0
>>17
いないんだよなぁ・・・

 

19: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:46:47 ID:Gzj
岩原裕二こい

 

20: 名無しさん@おーぷん 2015/10/26(月)20:47:01 ID:oI0
第4位 エデンの檻 作者 山田恵庸  全21巻(完結)

正直これ読んだJボーイは「は?」とおもうかもしれんが第4位です(半ギレ)
あらすじ
これと言って取り柄のない中学生であった主人公、仙石アキラは、中学3年の修学旅行でグアムから日本への帰る途中、
搭乗していた飛行機の故障によって、地図に存在しないジャングル
に墜落してしまう。ジャングルには絶滅したはずの古代生物が棲息しており、
アキラは巨大な鳥や動物に襲われながら同級生たちと合流し、協力や衝突を繰り返しながらサバイバルの日々を送ることになる
まずこの漫画は完結しているんだが、終わり方が酷い上に伏線がいくつか回収されていない
状態で終わってしまったのでボロクソに叩かれてる漫画
でも正直、それ差し引いてでもすごく面白い漫画やと思う。
まず何故絶滅したはずの動物がいるのか?
そして何故何日たっても救助どころかヘリや船も見当たらないのか
ぶっちゃけ誰がなんと言おうが、ワイの人生でこの漫画以上にワクワクした漫画はまだ見てない
伏線も回収して納得の終わり方やったら多分1位やったと思うこの漫画。
批判多いけど見てほしいやで~
立ち読み


1 2

関連の記事




最新記事 | 注目記事 | 漫画 小説の新着記事

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。