【解説あり】大河ドラマの傑作で打線組んだ

【解説あり】大河ドラマの傑作で打線組んだ

2016年10月21日

  • LINEで送る
  • 653 views

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:06:22 ID:FjO
1二 樅の木は残った
2一 秀吉
3中 信長 KING OF ZIPANGU
4右 独眼竜政宗
5遊  太平記
6捕 徳川慶喜
7三 利家とまつ
8左 琉球の風 DRAGON SPIRIT
9投 武田信玄

2: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:07:40 ID:FjO
ほな解説いくやで

 

4: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:10:31 ID:FjO

樅の木は残った

放映期間:1970年
原作:山本周五郎「樅の木は残った」
主人公:原田甲斐(演:平幹二朗)

時代:江戸時代前期

伊達騒動の中心人物の一人であり

悪党として描かれることの多かった原田甲斐を主人公とし

泰平の世に争いを求める人の悲しさを描いた作品や

前作「天と地と」で地方ロケは多少あったんやが、本作から本格的に始まって、大河ドラマの「ご当地ロケ」誘致が地方自治体にとっての狙い目になっていったんやで
マイナーだし暗いし華のない題材やけど

平均視聴率は21%と中々の結果。

この作品も以前の作品の例に漏れず、映像は残っていないといわれていたんやが原田甲斐の居城船岡城のあった宮城県柴田町の郷土資料館に
放送を録画したテープが残っていたことが判明したんや。

29話のみ録画失敗で欠番やけど現在はNHKアーカイブで見ることが出来るから見てくれや、おもろいで
まさに「樅の木は残った」は残ったんや

 

21: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)13:02:55 ID:u4J
>>4
田村正和主演の2時間ドラマ見ただけだけど
大河になるほど長い話だったのか…

 

5: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:12:47 ID:S1V
天地人は

 

6: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:13:33 ID:FjO

秀吉

放映期間:1996年
原作:堺屋太一「秀吉 夢を越えた男」「豊臣秀長 ある補佐役の生涯」「鬼と人と 信長と光秀」
主人公:豊臣秀吉(演:竹中直人)

時代:戦国~安土桃山時代

信長以来の戦国武将モノ。

竹中直人が明るい秀吉を熱演したことでも有名やね
暗い話題が多かった前年の世相を踏まえて、明るさやわかりやすさが重視されたから、考証面ではやや不出来ではやけどそれ以上に高評価されたんよ
特に話題を呼んだのは渡哲也演じる信長で、出番が四話増やされたというのは有名な話やね

引き伸ばしがあったせいかは不透明やけど、秀吉の負の面の掘り下げがイマイチに終わったのは否めん
竹中直人も後年のインタビューで「堕ちて行く秀吉を演じたかった」といっとるしな

平均視聴率30%越えを達成した最後の大河やが

信長退場後の19話中5話しか30%を越えられず、信長人気で持ったような部分もあったといえるかもしれん

でも決め台詞である「心配ご無用!」は流行したりしたので

別に秀吉に魅力がないわけではない、多分

 

7: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:17:47 ID:FjO

信長 KING OF ZIPANGU

放映期間:1992年
原作:なし
主人公:織田信長(演:緒形直人)

時代:戦国~安土桃山時代

正直、よくこの作風を一年通して放送できたと感心するわ

戦国ものにはよく出る織田信長の単独主役としては初で、意外やけど未だに唯一の大河や
戦国時代についての風聞を私見バリバリで)記した資料を残した宣教師ルイス・フロイスから見た織田信長の覇業を描いた作品で

そのため、ナレーションでは「聞くところによると~」というように伝聞を強調するフレーズが多用されたんや

主役の緒形直人が若いから、俳優は若手を中心に起用され、明智光秀役にマイケル富岡が配されたりしたのは大きな話題にはなった
富岡本人はどうせ宣教師役だろうと思ったところに光秀というバリバリの戦国武将が回ってきて感激したらしいで

オリキャラ・加納随天の異様な存在感が目立つが、林通勝ら尾張の守護代の庶流の頃から仕える家臣、
織田信次など血縁の重臣が重視される描き方になっているドラマはなかなか珍しい

アテブレーベ・ オブリガードは妙な中毒性がある気がする…気がしない?

 

16: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:34:59 ID:Pzn
>>7
緒形信長好きやったわ
初めて上京したときに松永から服装を馬鹿にされたけど
将軍を連れて上京した時はその松永にやり返すシーンとか好きやった
あと、黒人がちゃんと出たりするところとか

 

9: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:22:21 ID:FjO

独眼竜政宗

放映期間:1987年
原作:山岡荘八「伊達政宗」
主人公:伊達政宗(演:渡辺謙)

時代:戦国~江戸時代

新大型時代劇の好評と「連続テレビ小説の延長が大河でいいのか」という世論に押されて

時代劇に回帰した大河の第一弾は今でこそ戦国DQN四天王として六本の刀を振り回して馬鹿めが!とか言ってまうくらいブイブイ言わせているけど

当時は宮城県のクソザコナメクジローカル英雄だった伊達政宗が題材や

しかし、信じられない程に大ヒット。伊達政宗の知名度を全国区に押し上げたのはこの作品の人気故と言って間違いないないやろうな

平均視聴率39.7%、最高視聴率47.8% というえげつない信じ難い数字を叩き出して、平均視聴率では歴代一位に君臨しているんやし

なぜか二回くらいしか出ていない「梵天丸もかくありたい」という台詞ががアホみたいに流行ったのも記憶に新しい

人気の証拠としては、当時流行っていたファミコンの歴史SLGソフトとしてナムコから「独眼竜政宗」が発売されとる。信長の野望でさえ全国版でようやく少し登場したくらいで
戦国群雄伝ではカットされた東北限定のSLGが発売されるのだからこの作品の勢いのすさまじさを感じる
さらにこの作品で陰険な質として描かれた最上義光を擁する山形県からブーイングが来たくらいである

また、宮城県はこの作品で観光客が激増。ご当地ロケ効果の絶大さを見せつけた

 

26: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)17:09:08 ID:I41
>>9
伊達政宗って大昔から人気者なのかと思ってたわ
大河ってやっぱ神だわ

 

27: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)17:38:29 ID:inm
>>26
独眼竜政宗のフィーバー(死語)を見て
全国各地の自治体が二匹目のドジョウを狙って大河ドラマに売り込みまくってるからなあ
そらもう僻地の田舎が一発逆転のワンチャン狙いますわ

 

10: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:24:26 ID:pFD
秀吉がヤクザの親玉みたいな風貌だったやつか

 

11: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:25:46 ID:Ncw
副題に英語は地雷臭半端ないのに意外やね

 

12: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:26:06 ID:FjO

太平記



放映期間:1991年
原作:吉川英治「私本太平記」
主人公:足利尊氏(演:真田広之)

時代:鎌倉時代末期~南北朝時代

情勢の複雑さ、難解さ、天皇や上皇が政治的にハッスルしたせいで 現在に至るまで殆ど無い、南北朝時代にスポットを当てたドラマや

大楠公こと楠木正成が主題の映画やドラマはままあるが

幕末に木像を晒し首にされたり配下の敗走の図をずっと肖像画扱いされてきた足利尊氏が中心なのは流石に草生えた
鎌倉幕府を裏切り、建武の新政も裏切り、時には北朝すら裏切り弟を毒殺するなど未だによくわからない男として通る尊氏の生涯を描いた作品
難解な時代を描いたけれど、役者陣の熱演もあって視聴率は持ち直し

平均視聴率26%と人気は高い方やった

後藤久美子の北畠顕家は変な性癖をくすぐりに来るし大楠公が関西のオッサンっぽいのが特徴

 

13: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:28:23 ID:FjO

徳川慶喜

放映期間:1998年
原作:司馬遼太郎「最後の将軍 徳川慶喜」
主人公:徳川慶喜(演:本木雅弘)

時代:幕末

江戸幕府最後の将軍徳川慶喜の生涯を描く。

なお原作が中編小説で分量が足りないため、サブ原作として「徳川慶喜公伝」という徳川慶喜研究の基礎資料も起用した模様

視聴者から要望も強く、毀誉褒貶激しい才人徳川慶喜に挑むということで話題性はあったんやが
オリキャラが多くそれを使いこなし切れていないなど高い評価は得られなかったのは事実や

でも、本木雅弘の常にポーカーフェイスで冷静に時に謀略を用いる聡明な慶喜は評価を得たで

 

14: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:30:41 ID:FjO

利家とまつ~加賀百万石物語~

放映期間:2002年
原作:なし
主人公:前田利家(演:唐沢寿明)、まつ(演:松嶋菜々子)

時代:戦国時代~江戸時代前期

「戦国最強のホームドラマ」と今じゃ地雷のフレーズを銘打って始まった、W主人公の大河や
加賀藩百万石の基礎を作った「槍の又左」前田利家と、利家を支えた妻のまつの姿を描いておる

でも例によって一番の話題となったのは織田信長やった。

演じる反町隆史が松嶋菜々子と婚約中で、本能寺の変で退場した後に結婚したことも話題を呼んだで
トレンディドラマみたいなキャストということで大御所キャスト好きからは軽さを言われる事もあったが

戦国モノ故か人気は2000年代では高い方かもしれん
利家を演じる唐沢寿明も無名時代に特撮のアクションを経験しているため、「槍の又左」にぴったりなキャスティングやったな

特徴的な台詞回しが印象的で、反町信長の「で、あるか」という口癖は後の創作に大きく影響を与えたんちゃうか?

 

15: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:33:54 ID:FjO

琉球の風 DRAGON SPIRIT
61C9Ui+yRjL._SL500_SY344_BO1,204,203,200_
放映期間:1993年1月~1993年6月
原作:陳舜臣「琉球の風」
主人公:啓泰(演:東山紀之)

時代:安土桃山~江戸時代

恐らく大河ドラマでも屈指の異色作やと思う
大河ドラマのスリム化として、放映期間半年への短縮など様々な改革を入れた1993年一発目の大河

中国歴史小説を得意とする陳舜臣の小説を原作とし、宗主国明の弱体化、西洋人の進出で貿易拠点としての価値が低くなり、
薩摩藩(日本)の膨張を受ける厳しい時代を迎えた琉球王国に生まれた主人公(オリキャラ)が苦難の中で琉球人の誇りを忘れずに生きていく悲哀のドラマや
主流の歴史観ではあまり顧みられることのなかった琉球王国を主題に据えているのは珍しい

前作の信長で羽柴秀吉を演じた仲村トオルが羽柴秀吉として登場し、この作品に繋がるようリンクを張るなど連動ギミックを張ったんやが
マイナーな題材のせいで視聴率は振るわなかった。でも放送終了後に琉球語吹き替え版が沖縄で放映されたり

1997年には沖縄返還25年ということでNHK総合で再放送されたのはこれ実はすごいことなんやで

 

17: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:35:45 ID:FjO

武田信玄

放映期間:1988年
原作:新田次郎「武田信玄」「武田三代」
主人公:武田信玄(演:中井貴一)

時代:戦国時代

独眼竜政宗の大好評を受けて始まった2年連続の戦国モノや。

二匹目のドジョウちゃうで

前作の記録的ヒット、肖像画の信玄に全然似てないという批判もあり主演の中井貴一にかかるプレッシャーは半端なものではなかったようやけど
こちらも平均視聴率39.2%という化け物番組として君臨できた

信長の野望シリーズにも大きな影響を与え、暫くの間武田武将のグラフィックは本作の俳優似で作られたり

直近に出た戦国群雄伝ではこの作品の締めのセリフである

「今宵はここまでにいたしとうごさいまする」をゲーム終了時に表示するなどしてたのは信長ファンの間では有名やね

さらに武田信玄のゲームも多数出たけど、出来はあっ(お察し)

 

18: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:36:09 ID:FjO
おしまい

 

19: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:38:44 ID:Pzn
独眼竜政宗は主役の渡辺謙がドハマりやったのも大きいと思う
他の人が演じても人気は出たやろうけど、ここまでの人気にはならんかったんやないかな

 

20: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)12:46:14 ID:m2I
黒官(小声)

 

22: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)16:42:22 ID:pGE
渡哲也の信長は良かったね

 

24: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)17:03:06 ID:SIb
武蔵坊弁慶

 

29: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)17:49:32 ID:ttb
概ね賛成のワイ、利家とまつと北条時宗を入れ替えることを提案
主役の夫婦以外は素晴らしいキャストやったで

 

30: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)18:39:52 ID:49s
毛利元就は入りませんか…(小声)

 

32: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)20:47:27 ID:pGE
>>30
小早川隆景の小物感がね

 

31: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)19:13:53 ID:I41
功名が辻はだめですか、そうですか

 

33: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)20:49:27 ID:7kk
篤姫がアレだけヒットしたのは
大奥の流れに乗ったからってマジ?

 

28: 名無しさん@おーぷん 2016/04/30(土)17:46:14 ID:Ogf
秀吉ホント好き
その何年か前に出てた信長の野望覇王伝の秀吉と信長の顔グラは
大河の竹中と渡に似ててイメージ的にも配役ぴったりだった

 

引用元: 傑作だと思う大河ドラマで打線組んだ

関連の記事






amazon人気アイテム

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめサイト最新記事一覧

おすすめサイト人気記事