【お遍路】四国八十八カ所巡りを写真で紹介する

【お遍路】四国八十八カ所巡りを写真で紹介する

2016年08月13日


1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)22:30:03 ID:rAk

行ってきたのは去年の10月から1ヶ月間。

第1番霊仙寺から順番に貼っていく。

ではでは、よろしく~

4: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)22:36:23 ID:yhL

徳島だけ?

 

6: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)22:39:54 ID:rAk

>>4
今日は徳島だけだね~

高知県以降はまた日を改めて投稿する予定。

 

5: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)22:38:24 ID:rAk

では、順番に書いていこうかと思う。

まず、お遍路とは何か?

「お遍路」とは、弘法大師(空海のこと)の足跡をたどり

阿波国(徳島県)の霊場(23か寺)

土佐国(高知県)の霊場(16か寺)

伊予国(愛媛県)の霊場(26か寺)

讃岐国(香川県)の霊場(23か寺)

計八十八ヶ所の霊場を巡拝することである。

遍路道の総距離は1100~1400km。(通るルートにもよって変動する)

これは東京から鹿児島・宮崎まで陸路で行った場合の距離に等しい。

もし歩き遍路で踏破した場合

足の速い人で約45日、遅い人で約60日かかるとされている。
no title

 

7: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)22:46:48 ID:rAk

では、まず第1番札所「霊山寺」

徳島県鳴門市に建っている。

ここが1番札所ということに弘法大師は全く関係無かったりする。

江戸時代に現れた四国遍路の父「真念」が活躍していた大阪に1番近かったから、ここ霊山寺が1番札所になったそうだ。

no title

 

8: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)22:50:09 ID:rAk

霊山寺で凄いのは本堂内。

たくさんの灯籠が吊るされており、その壮大さは必見に値する。

no title

また、賽銭箱の前には行方不明者の捜索ポスターがたくさん貼られており

初心者遍路さんをドン引きさせるw

no title

 

9: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)22:54:42 ID:rAk

本堂内と駐車場脇の二箇所に「遍路用品」の売店がある。

no title

が、ここの商品は他の札所の売店に比べると若干割高となっている点に注意。

ゲームの世界では、最初のショップは品物が安いのが基本なのだが、どうやら現実は違うらしい。

あと、境内には何故かパンダが生息していた。

no title

 

10: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)22:59:43 ID:rAk

続いては第2番札所「極楽寺」

霊山寺から近く、同じ鳴門市内に建っている。

no title

大師が「阿弥陀経」を読誦された折

流産ばかりする夫人に加持祈祷したところ

即座に子宝に恵まれた伝説から「安産祈願・子授祈願」の寺として発展した。

no title

話が逸れるけど、ここで生まれて初めて野犬を見た。

 

11: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:00:20 ID:lB5
これは良スレ

 

12: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:01:02 ID:rAk

>>11
ありがとう。

そう言ってもらえると頑張れる!

 

13: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:04:12 ID:rAk

第3番札所「金泉寺(こんせんじ)」。

板野町にある。

no title

この立派な山門、裏を見ると何故か場違いな洋風のドアが付けられている。

no title

これぞ和洋折衷・・・なのか?

 

16: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:08:37 ID:rAk

さて、この金泉寺、寺名の由来は、大師が水不足解消のため井戸を掘り、黄金井の霊水が湧出したことからだそうだ。

黄金の井戸水って飲めるものなのか・・・?

大師伝説は、現代常識だと結構ぶっ飛んだものが多いのが特徴だったりする。

no title

金泉寺の由来ともなった井戸は現在でもこんこんと湧き出ている。

この井戸を覗き込み、影がはっきり映れば長寿、ぼやけていると短命と言い伝えられている。

 

17: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:09:56 ID:rAk

no title

金泉寺内で見つけたタクシー会社の看板。

ジャギ様が運転してそう

 

18: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:16:34 ID:rAk

続いて第4番大日寺。

山門近くに植えてある木は、葉書(ハガキ)の語源にもなったとされる多羅葉(タラヨウ)である。

no title

そんな事を聞かされたら、当然俺は落書きをするわけでw

no title

no title

 

19: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:21:28 ID:rAk

5番札所「地蔵寺」

所在地は板野町。

no title

山門の後ろに写る大木は、樹齢800年を越えるといわれる「たらちね大銀杏」。

800年以上も同じ所に立ちっぱなしって凄いな、俺には耐えられないわぁ~

 

20: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:22:51 ID:rAk
地蔵寺の北には奥の院「五百羅漢」が建っている。

 

21: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:26:19 ID:rAk

地蔵寺の北には奥の院「五百羅漢」が建っている。

no title

この五百羅漢とは

釈迦入滅後の第1回の経典結集(けつじゅう)、および第4回結集のときに集まったという500人の聖者。

また、その像。

なので、本来は500体必要なのだが、地蔵寺では大正4年の火事のため

今では200体ほどの羅漢像がさまざまな喜怒哀楽の表情で並んでいる。

no title

羅漢に紛れて龍が飛んでいたりする。自由だなw

 

22: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:30:34 ID:rAk

第6番札所「安楽寺」

所在地は上板町。

no title

長野県の諏訪大社みたく、境内で温泉が湧いている。

ここ安楽寺から温泉療法が全国に伝わったとされている。

 

23: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:34:05 ID:rAk

第7番札所「十楽寺」

土成町。

古くから目の不自由な人たちに信仰されてきた「治眼疾目救済地蔵尊」が有名。

no title

秋に行くとコスモスの綺麗な花畑も見れるよ~

 

24: 名無しさん@おーぷん 2016/08/05(金)23:35:27 ID:rAk

ちょっと一息休憩。

質問とかあったら答えられる範囲内で答えるべ!


1 2 3 4

関連の記事






最新記事 | 注目記事 | 趣味の新着記事

コメント

コメントをどうぞ