【若者必見】十代に観て印象に残ったおすすめ映画ベスト50を紹介

【若者必見】十代に観て印象に残ったおすすめ映画ベスト50を紹介

2017年01月01日


30: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金) 23:08:03.588 ID:JPnl5wjk0

第20位 「最凶女装計画(2004)」

 

 

 

監督:キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ 主演:ショーン・ウェイアンズ

https://www.youtube.com/watch?v=p6V25aqQblM

FBI捜査官の二人組は失敗続きでクビ寸前。

わがまま姉妹の警護のはずが、顔のちょっとしたケガを理由にパーティにでることを拒否。

そこで代わりに黒人男が白人女に驚きの変身をとげ、何とか任務を遂行しようと考える


とてつもないおバカ映画。下ネタ差別ネタなんでもあり。

笑っていた時間のほうが長かったような気がする。


でも逆にいえば人種差別を扱っているようにも思うし男女間の考え方の違いなど意外と深いところを切り込んでいるように見える
最低映画賞のラジー賞にノミネートされている鳴り物入りの作品だが、そこまで最低には感じない

女装している二人が次第にかわいくみえてきてしまう

 

31: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金) 23:10:49.640 ID:flR78PmI0
このスレ保存しとこ

 

35: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金) 23:25:13.357 ID:JPnl5wjk0
>>31
そういってくれると嬉しい
ありがとう!

 

32: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金) 23:13:08.547 ID:JPnl5wjk0

第19位 「シティ・オブ・ゴッド(2002)」


 

 

監督:フェルナンド・メイレレス 主演:アレクサンドロ・ロドリゲス

https://www.youtube.com/watch?v=c_CMrTB9r3w

ようこそ神の国へ

ブラジルの貧民街シティ・オブ・ゴッドではギャングたちによる強盗や殺人が続いている
少年たちがギャングとして成り上がっていく姿をドキュメンタリータッチに描く

改めて日本という国がどれだけ安全なのかがわかる。

同じ地球上でもこんな現実が存在しているという驚きと恐ろしさ

 

主人公の少年はプロのカメラマンを夢見ながらこのスラム街を生きている。

そんな夢を持つ彼が逆にこの街では普通じゃないように見える。

不思議な光景だ

残酷模写もありながら笑えるシーンなどのエンターテイメント性も押し出されているのがなんとも不思議だ
社会的メッセージをダイレクトに伝えてくる。

平和ボケした日本人は見ておくべき

 

33: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金) 23:17:08.831 ID:JPnl5wjk0

第18位 「ダークナイト(2008)」

 

 

監督:クリストファー・ノーラン 主演:クリスチャン・ベイル

https://www.youtube.com/watch?v=U6jjRFDKX94

もはや説明不要のヒーロー映画の最高傑作。

それまでの明るいヒーロー映画に対し、この映画から暗いヒーローを誕生させるほどの影響力を与えた


正義ってなんだ?悪ってなんだ?
ヒーローはただ悪役をぶっ潰せばいい!という概念はこの映画には存在しない

 

バットマンが存在しているからジョーカーという存在が生まれた。苦難を乗り越えて生まれたバットマンはなんのために存在しているのか
自分がいるから最愛の人も大切な友も生まれ育った街もすべてを危険にさらしてしまう

もはやヒース・レジャー演じるジョーカーは伝説の存在へ

見た人はみんな「ジョーカー!ジョーカー!」だが、個人的にはトゥーフェイスにもっと触れてほしい。

正義と悪の表裏一体的な彼の存在はある程度キーになってくれていると思うのだが

 

34: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金) 23:22:08.719 ID:JPnl5wjk0

第17位 「明日、君がいない(2006)」


 

監督:ムラ―リ・K・タルリ 主演:テリーサ・パーマー

https://www.youtube.com/watch?v=1MNOGl757v4

ある人物が2時37分に自殺を図る
幸せそうだったあの人に何が?
監督は自分と同じ19歳でこの映画を撮影したらしく、低予算で制作


6人の若者を中心に群像劇風に描く。

それぞれ心の中に誰にも言えない闇をかかえるも、仲間の前ではおくびにもださない

この映画では恋愛、家庭環境、いじめ、マイノリティ問題など抱える問題は様々


学生時代ほど周りの目を気にする期間はない。

自分も今学生でこの感覚はわかるし、自分がそのグループでどんな存在なのか気にしたりする

タイトルから誰かがいなくなることはわかると思うが、え?この人が?という驚きがありながらとても考えさせられる

10代の気持ちがわかる19歳の監督が撮っているからこそ、この映画のメッセージ性は強烈なものになる

 

37: 名無しさん@おーぷん 2016/11/25(金) 23:49:51.527 ID:RRRZQrup0
キングスマン入ってそう

 

43: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:25:28.937 ID:ojIc8KAi0
>>37
ご名答

 

39: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:03:26.428 ID:ojIc8KAi0

第16位 「バタフライ・エフェクト(2004)」


 

監督 エリックブレイス 主演 アシュトンカッチャー

https://youtu.be/BAViXOsLAmw

小さな蝶の羽ばたきが反対側の地域で竜巻を起こす

日記を読み返すと過去に戻ることができる能力を持つエヴァン
幼なじみのケイリーの人生を変えてしまったと感じる彼は彼女のために過去に戻ることを決意する

 

過去を変えてもすべてがうまくいくわけじゃない

彼女を幸せにする。

ただそれだけなのになぜこんなにも上手くいかないのだろう。

何度もリープする彼が出した答えとは?


この映画のエンディングは数パターンあるみたいだがこの終わらせ方が一番好きだ

Oasisの主題歌とともに流れるラストシーンは言葉にできないほどの完成度の高さ

 

40: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:10:43.706 ID:ojIc8KAi0

第15位 「Mommy/マミー(2014)」


 

監督 グザヴィエ・ドラン 主演 アンヌ・ドルヴァル

https://youtu.be/OLc9vRvchio

この世界では新しい法律で、障がいをもったこどもを法的手続きなしで施設に入れることができるようになる


ADHDの息子スティーブと少々粗暴にうつる母ダイアン。

問題を起こしてばかりの息子に疲れはてる母親。

だが見捨てはしない。

だって愛する息子だから。私たちの間には愛以外ないでしょ?

そこに現れる隣人カーラ。この3人はまるで本物の家族のようにぶつかり合ったり、わかりあったり


監督は25歳の若さでこの映画を撮影。

常に1:1の画面。

OasisのWonderwallが流れるシーンは演出とともに鳥肌がたつ


万人受けするような映画でないのはわかっているが

繊細でありながら胸にダイレクトに伝えてくるメッセージは強烈

 

41: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:16:38.382 ID:ojIc8KAi0

第14位 「ラブ・アクチュアリー(2003)」


 

監督 リチャード・カーティス 主演 ヒュー・グラント

https://youtu.be/fOS-HMiVejo

クリスマスの夜を描いた群像劇


人の数だけあるクリスマスの特別な夜。愛する人との物語がオムニバス形式で綴られる
愛の形は恋愛が多いけれど、それ以外の愛も描いているのが素晴らしい
とにかく豪華な出演者。やはりラブコメにヒュー・グラントは必要不可欠。イケメンなのにさえない3枚目なキャラクターを演じるのに右に出るものはいない

 

映画の雰囲気がめちゃくちゃいい。

見終わったあとほっこりするさまはあたたかい

 

どのストーリーもハッピーエンドというわけではないところも現実的でグッと来る。

 

誰しもが楽しいクリスマスをすごしているわけではない
クリスマスにみたい映画No.1だ

 

42: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:23:39.437 ID:ojIc8KAi0

第13位 「キングスマン(2015)」




 

監督 マシュー・ヴォーン 主演 コリン・ファース

https://youtu.be/ohOnGe6Cha8

どこの国にも属さない組織キングスマン。

新しいメンバーを召集するため何人かの候補生とともにスカウトされたエグジー。そこでは過酷な試練が待っていた

この映画とにかくスパイ映画のオマージュがたっぷり。

特に007。

監督自身が007の監督になるはずだったがおじゃんに


最近のスパイ映画はシリアスすぎてあまり好きじゃない、昔のは最高だったというセリフは明らかにクレイグ版の批判。

だがこれは好意の裏返しで007ファンなら楽しめる

「キックアス」の監督であるマシュー・ヴォーン。

 

この作品でもキレッキレのアクションがみもの。

特に教会のシーンはアドレナリン出まくりのハチャメチャ映像になっている

続編も2017年公開予定。エグジー役の俳優タロン・エガートンの今後の活躍にも期待だ!

 

44: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:32:12.854 ID:ojIc8KAi0

第12位 「インターステラー(2014)」


 

監督 クリストファー・ノーラン 主演 マシュー・マコノヒー

https://youtu.be/hCW9ouUHAbM

各方面から絶賛の嵐

近未来、人類滅亡の危機となった地球。宇宙で新たに発見された未開地へと足を踏み入れる元エンジニア


あらすじだけだと完璧なSF映画。

しかしそれで終わらないのがこの映画の真骨頂


SF好きでないと理解しきれないであろう用語の連発。

それもそのはず、脚本家はこの映画のためだけに4年間もの間大学で相対性理論を学び、可能な限り正確にワームホールについて描き出した


だがあくまでも家族愛がテーマである本作。怒濤の展開と伏線回収が半端ではない
そして洗練された映像美。

壮大な宇宙という風景の美しさをここまで映し出せるとは

見終わったあとに感動と爽快感が待っているだろう

 

46: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:35:21.579 ID:RqrE+cG60
要約する能力が高いな
ブログでもやりなよ

 

52: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:56:53.913 ID:ojIc8KAi0

>>46
そんなこと言われたことなかったなw
ありがとう

グダクダになってしまって申し訳ない

 

47: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:39:36.485 ID:ojIc8KAi0

第11位「きっと、うまくいく(2009)」


 

監督 ラージクマール・ヒラニ 主演 アーミル・カーン

https://youtu.be/w5j5ayhfKAE

大学時代親友だった3人組。

同窓会を機にまた集まろうとするもそのなかの1人ランチョーが行方不明に。そこで残りの2人はランチョーをみつけるため過去をたどりながら彼の足取りを辿る

 

映画大国インド発の名作


この作品では様々なテーマを扱う。

貧困、自殺、競争社会など今のインドの問題を背景にこの物語は進んでいく。

一流大学にはいって一流企業に就職するのが人生においての幸せなのか


インド映画?ただうたって踊るだけだろと思っている人もきっと多いはず。

だがそんなセンニュウカンデみないなんてもったいない。

上映時間3時間近い作品でありながら、笑いあり涙ありの傑作。

インド特有の陽気さと底抜けの明るさ


人生に迷ったとき「うまくいく」この言葉を唱えてみよう

 

48: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:42:45.926 ID:5l4ev/GX0
ほぼ全部好きだわ

 

49: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:47:29.738 ID:ojIc8KAi0

第10位 「パルプ・フィクション(1994)」


 

監督 クエンティン・タランティーノ 主演 ジョン・トラヴォルタ

https://youtu.be/VjU3Uwe1rsY

タイトルのパルプフィクションは日本語でくだらない話。

くだらない話をオムニバス形式で。そしてその一つ一つが交差していく
この監督の映画の特徴はとにもかくにも無駄話。
これは映画自体が無駄話のようだ。

だが、無駄話だけで終わらせないのがこの映画の最大の魅力。

バラバラなはずのエピソードがまるでジグソーパズルのようにはまっていく。

脚本が命の作品であり、脚本にはまったく無駄を感じない


笑えるシーンも多く、この映画の至るところに遊び心が紛れているのもタランティーノならでは
言葉だけではこの映画の魅力を伝えることは難しい。

人によってはくだらなさすぎると思うかもしれないが最後までみてほしい作品だ


個性的なキャラクターも魅力のひとつ。

新たな映画史を作り上げたと言われる演出は今見ても色褪せることはない
数々の映画賞を獲得した脚本にぜひ酔いしれてもらいたい

 

50: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:51:08.128 ID:ZslUkzfq0
このスレ大変ありがたや

 

51: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 00:55:35.095 ID:ojIc8KAi0

第9位 「イントゥ・ザ・ワイルド(2007)」


 

監督 ショーン・ペン 主演 エミール・ハーシュ

https://youtu.be/eQyE0Mu97Ec

青年はすべてを捨てアラスカへ向かう


裕福な家庭に生まれ、大学を優秀な成績で卒業。いわゆる勝ち組の人生。彼の人生は華々しいものになる。

誰もがそう思っていた

なぜ彼はアラスカへ向かうのか。

本当の自由とは、幸せとは。その答えを求め彼は北へと歩き続ける


実際の出来事を基に映画化。

 

監督のショーン・ペンは10年もの歳月をかけてこの映画を製作。これは間違いなく彼の人生のなかの最高傑作だと断言できる
真の自由。人生の意味。これは誰しもが考えたことのある永遠のテーマ


大学を出たばかりの22歳の彼は自分が持っているものをすべて捨ててでも旅へ出る。

これを若さゆえのバカな行動と笑うものもいるかもしれない。

だが彼がこの旅で得た経験のすべては、きっとそれまでの22年間の経験を遥かに越えたものではないだろうか


自分が今大学生だからかこの映画の全てが響いた。

若い人ほどこの映画に触れてほしい

 

53: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 01:00:21.994 ID:x+0wgODO0
良スレ発見

 

54: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 01:06:08.112 ID:ojIc8KAi0

第8位 「イエスマン"Yes"は人生のパスワード(2008)」


 

監督 ペイトン・リード 主演 ジム・キャリー

https://youtu.be/c6RUU43Q2TY

主人公カールは仕事でもプライベートでもNoの連続。

ネガティブで消極的な彼に友人たちとの関係にも亀裂が生まれ始めていた。


このままでは孤独死してしまう...そう感じたカールは友人に連れられ、自己啓発セミナーへと足を運ぶ。

そこでは自分の身の回りのことに対しYesと答えろと誓いを立てさせられる

だがその日から彼の人生は変わり始める

この手の啓発的な映画は監督や俳優によってはすっかり怪しい作品となってしまう。

しかし説教臭くなることなく軽いコメディに仕上がり、自分の普段のふるまいや考え方を変えてみてもいいかもなと思わせるような出来になったのはジム・キャリーという俳優の力が大きい


この映画が伝えたいことは

何事にもイエスと答えろということではなく、取捨選択をきちんとすること。

 

イエスと答えた結果、半ば強制的にでも行動を起こせということ
すべてがプラスになるわけではないが、行動を起こす大切さを伝えてくれる

 

55: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 01:15:13.378 ID:ojIc8KAi0

第7位「ゴッドファーザーPart2(1974)」


 

監督 フランシス・フォード・コッポラ 主演 アル・パチーノ

https://youtu.be/OHlEcNJYygg

映画史に燦然と輝く「ゴッドファーザー」の続編


前作でコルレオーネファミリーのドンとして登場したヴィトーのファミリーを形成するまで
そして2代目ドンとしてマイケルがファミリーを存続させていくための苦悩を
時代に翻弄されるコルレオーネファミリーの物語を2人の時間軸を交差させながら3時間をも超えるスケールで描く


同じようにファミリーを守ろうとしているのに、マイケルの周りからは段々仲間が減っていく。

対照的に仲間を増やし続けるヴィトー。

この対比がとてもせつない

この3部作はマイケル・コルレオーネの物語であり、人生である。

そのなかで多くの犠牲を伴い、時には自らを犠牲にしながらファミリー存続の道を考え続ける。

そんな彼を描く今作はまぎれもない名作と呼べる

 

特筆すべきはこの作品を機に一気にスターダムへと駆け上がっていったロバート・デ・ニーロの演技力だろう。

フランス語を完璧にマスター。

前作でのマーロン・ブランドの声質まで真似る完璧さ

今作ではブランドは登場しないのだが、その分彼の存在感がこの映画を支えている

 

56: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 01:21:33.178 ID:a/EvYEq10
ランクインしてないかもわからんが最強のふたりは面白かった

 

70: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 02:07:44.262 ID:VWvAhhNu0
>>56
あの映画よかったね
フランス映画=小難しいイメージを払拭してくれた名作

 

57: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土) 01:25:16.987 ID:ojIc8KAi0

第6位 「もしも昨日が選べたら(2006)」


 

監督 フランク・コラチ 主演 アダム・サンドラー

https://youtu.be/1iR_NrtweyI

マイケルには美しい妻と2人の子どもたちがいる。

家族を愛してはいるけれど、仕事を優先させる。

そんな男だ


ある日ホームセンターをうろついているとある博士と出会う。

そこでマイケルはなんでも操作できるリモコンを博士から受けとる
このリモコンは一時停止、早送り、音量調節等々なんでもできる。

ただひとつだけ、過去を見ることはできるが戻ることはできない

 

早送りの間は自分自身は自動操縦で最低限のコミュニケーションはとれる。

マイケルは出世のために時間を早送りするのだが...


基本はコメディ調でバカバカしい。

だが、コメディとなめていると不意打ちをくらう。終盤になるにつれ取り返しのつかないことをしてしまったと嘆く。

シリアスとのメリハリがはっきりしているせいか、そのメッセージ性は強烈に響く


時間がテーマの作品は恋愛を絡めることが多いが、この作品では家族との関わりに重点を置く
過去に戻ることができないのが最大のポイントで、今という時間の大切さを軽視しがちだ

人生は仕事で成功するだけがすべてではない。

日常のひとつひとつが幸せになりえ、ひとつひとつは過ぎ去るばかりで戻ってくることはない
だからこそ今を大切にするべきだ


1 2 3 4

関連の記事






おすすめ | 人気記事 | 映画 ドラマ | 最新記事 | 注目記事の新着記事

コメント

  1. おすすめ名無し より:

    一番好きな映画が一位で嬉かったです
    もし見てないならカジノとグッドフェローズを見て欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。