ワイが選ぶ2010年からの深夜アニメ各クールの最優秀作品を淡々と紹介するスレ

2015年12月02日


34: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)23:36:48 ID:qt0
2011年夏
なにがあったかな
gothickってこのころだっけ?

 

38: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)23:44:41 ID:4nV
>>34
Gosickはこの年の冬やね

39: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)23:49:09 ID:qt0
>>38
ありがとう、冬か
久城君好きな、かわいい子やったなあ
ヴィクトリカもかわいかった
結ばれてよかった
ホラーっぽさもあったけど、探偵ものやっぱええな

 

42: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)00:08:31 ID:WVy
>>39
>>40
ワイは全く観てなかったわ
興味は持ったんやけど、なんでか知らんけどなあ

 

35: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)23:38:40 ID:4nV
2011年夏
うさぎドロップ(7月~9月)

2クールものの良作が多かった中で、新規では光った、実写化もされたコミックが原作の作品
あらすじ↓
俺がりんを育てているのか、りんに俺が育てられているのか――?
30歳の独身男ダイキチは祖父の葬儀で見知らぬ6歳の女の子りんと出会う。
実は祖父の隠し子であることが分かり驚愕するダイキチ。
親戚たちがりんを引き取る話し合いのふりをしながら互いに責任を押しつけ合う中、
見兼ねたダイキチは勢い余ってりんを引き取ることを宣言するが・・・
叔母と甥の関係、でも保護者は甥の方という不思議な関係の二人が織り成すハートフルコメディ
リンの成長を楽しむ作品かと思いきや、ダイキチの成長も楽しみな作品
この作品で、人って大人になっても気づかない所で成長するんやなと改めて実感したわ
あと、二人の周りの人たちも協力的だったのはあまり現実的ではなかったかもしれないが、観ていてほっこりしたわ
個人的に賛否ある原作の終わり方は納得しているで
ダイキチは決して親としてみていなかったリンと、
リンを常に一番に考えていたダイキチやったらこうなってもおかしくないわな

 

37: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)23:42:06 ID:qt0
>>35
名前しか聞いたことない作品やったが、複雑な血縁関係から生じるひとの成長を描いた作品やったんか(驚愕)
あらすじ聞くと、面白そうな作品やな

 

40: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)23:52:44 ID:qt0
ただ、ばれないように消音して見てたから展開いまいちわからんかった
特に後半

 

41: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)00:06:52 ID:WVy
2011年秋
たまゆら~hitotose~(10月~12月)

このクールも悩ましかったが、それでもあの独特な空気感に惚れ込んだオリジナル作品
写真が大好きな高校1年生沢渡楓と、彼女をとりまく人たちの日常とささやかな夢を描いた物語。
写真が大好きな高校1年生、沢渡楓。あだ名は「ぽって」。
この春、海と山に囲まれた穏やかな瀬戸内海の町、広島県竹原市に引っ越してきました。
そこは亡くなった父親が子供のころに住んでいた町。
古い町並み、美しい海と島々、暖かな人々とそして新しくできた素敵な友達…。
大好きになったこの町で撮った楓の写真には、ときどきたまゆらが写ります。
たまゆらは楓の心がふわふわと舞い上がって幸せな気持ちの時に写るかわいい光。
幸せが形になったような不思議な何か…。
そして、その写真はみんなをちょっとだけ幸せな気持ちにしてくれるんです。
1期といえるかわからないOVAを観た上での視聴
監督佐藤順一、シリーズ構成吉田玲子というARIAのコンビが織り成すハートフルコメディ
個人的にARIAが好きだったのに加えて、瀬戸内に妙なあこがれがあることからドハマリした
柔らかい掛け合いに、アコースティックギターやピアノを中心としたBGM
ユーミンが提供したOP、そして中島愛がうたったED
作品を構成するすべての要素がやさしく、癒しを与えてくれた
主人公のポッテの危なっかしさにひやひやさせられることもしばしば
しかし、物事をポジティブに考える姿勢を周りのキャラ同様に保護者感覚で見守りながら楽しめる
もちろん、ポッテの同級生たちの成長にも注目

 

43: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)00:10:15 ID:1Lg
ワイも放浪息子好きやったなー

 

45: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)00:55:24 ID:WVy
2012年冬
あの夏で待っている(1月~3月)

正直言って不作クールやったが、それでもセンスが光るオリジナル作品
あらすじ↓
『その夏の思い出が、僕達の永遠になる』
空は、とても青く澄み渡って。入道雲が、向こうの山を隠すほどに湧き上がって。
それはいつもの、僕らの街の風景なんだけど。でも、かけがえのない「夏」だったのだと思う。
その男の子には、「なにもないけど、なにかしたい」って漠然とした気持ちがあって。
だから仲間と一緒に、映画を撮ろうと相談しているところで。
そんなとき、「特別」な女の子が、この街にやってきたんだ。
そして。男の子の気持ちを、「特別」にしたんだ。軽井沢を舞台にした恋愛青春作品
とにかく風景、音楽が秀逸
加えて8mmカメラ、フィルムにも心がくすぶられてしまった
肝心の内容は、監督長井さんがやりたいドロドロの恋愛群像劇と脚本の黒田さんがやりたかったドタバタラブコメディー
その両方を描いたのだが、正直1クールでは短かった気がする
しかし、とらドラ!でアニメハマったワイからすれば、長井さん成分である部分は十分楽しめた
なお、BOXに収録された新規作品は観ていない模様

 

46: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)01:01:10 ID:7i0
>>45
恋愛作品か
よさそうな作品やな

 

48: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)01:22:31 ID:WVy
2012年春
坂道のアポロン
少女マンガ原作やから人は選ぶかもやけど、個人的に音楽系のアニメとしては最高峰
あらすじ↓
1966年初夏、船乗りの父親の仕事の都合で、横須賀から長崎県の田舎町へ転校してきた一人のナイーブな少年・薫。
転校初日、バンカラな男・千太郎との出会いのおかげで、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。
更に、薫は千太郎の幼なじみ・律子に、律子は千太郎に、千太郎は上級生の百合香にと、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。
舞台は昭和50年代
欧米からのロックバンドが人気を博すなか、薫と千太郎が熱中したのはジャズ
音楽のクォリティが高い音楽作品はいくらでもあるが、これほど演奏シーンがすごい作品もそうそうないやろ
ハイライトはやはり文化祭でのセッション
とりあえずこれだけでも観てもらいたい
あと、律子役の南里さんの方便もかわいい

 

20: 名無しさん@おーぷん 2015/11/17(火)03:54:42 ID:1s7
2010冬からアニメを見始めたワイにはピッタリなスレやな
淡々系のスレ増えるとええね

 

引用元: ・ワイが選ぶ2010年からの深夜アニメ各クールの最優秀作品を淡々と紹介するスレ


1 2

関連の記事






アニメ | 全記事 | 注目記事の新着記事

コメント

コメントをどうぞ