ハードボイルド小説の最高傑作は?

ハードボイルド小説の最高傑作は?

2018年03月03日


1: 2017/12/02(土) 23:18:39.64 O
長いお別れ?

 

2: 2017/12/02(土) 23:19:51.27 0
マンハッタンオプ

 

3: 2017/12/02(土) 23:20:26.64 0
ハードボイルドワンダーランド

 

4: 2017/12/02(土) 23:20:29.79 0
マルタの鷹

 

5: 2017/12/02(土) 23:20:57.75 0
バーディ大作戦

 

6: 2017/12/02(土) 23:21:22.58 0
ワイルド7

 

7: 2017/12/02(土) 23:23:00.58 0
長いお別れは最初と最後しか憶えてない

 

8: 2017/12/02(土) 23:25:39.49 0
追憶のバーボン

 

9: 2017/12/02(土) 23:27:14.77 0
熱く長い復讐

 

10: 2017/12/02(土) 23:28:00.79 O
日本のハードボイルド作家というと誰?

 

13: 2017/12/02(土) 23:29:26.96 0
>>10
大藪

 

12: 2017/12/02(土) 23:28:51.47 0
孤狼の血

 

15: 2017/12/02(土) 23:37:51.29 0
探偵マイク・ハマー

 

16: 2017/12/02(土) 23:43:21.29 0
赤い収穫
長いお別れはうっとうしい
さむけは面白いけどハードボイルド的な面白さではない

 

17: 2017/12/02(土) 23:47:00.78 0
深夜+1を挙げないやつはモグリ

 

18: 2017/12/02(土) 23:47:57.07 0
原作は読んでないけど舘ひろし主演で実写化された新宿鮫は面白かったな

 

19: 2017/12/02(土) 23:48:57.30 0
じゃあ、殺しの烙印も(違う)

 

22: 2017/12/03(日) 00:00:29.28 0
黒澤の用心棒のネタになったやつ

 

23: 2017/12/03(日) 00:03:54.53 0
墓場への切符…はちょっと違うか

 

24: 2017/12/03(日) 00:09:07.59 0
新宿鮫Ⅱ

 

26: 2017/12/03(日) 00:21:39.97 0
ブコウスキーのパルプ

 

28: 2017/12/03(日) 00:32:39.69 0
結城昌治

 

29: 2017/12/03(日) 00:33:06.21 0
日本の作家なら原りょう
ハードボイルドらしいハードボイルドを書く
そして彼曰く
「結城昌治の探偵真木シリーズがあるではないか」と

 

30: 2017/12/03(日) 00:39:10.72 0
藤原伊織が生きていたらなぁ
チャンドラーは別格として
原尞・東直己・藤原伊織が好き

 

33: 2017/12/03(日) 00:42:56.66 0
新宿舞台もの
原作は新宿鮫の方が面白かったけど
映画は不夜城の方が良かった

 

35: 2017/12/03(日) 00:43:39.68 0
ハメットのマルタの鷹はハードボイルドの記念碑的作品

 

37: 2017/12/03(日) 00:45:14.97 O
野獣死すべし

 

40: 2017/12/03(日) 00:50:38.74 0
高村薫はハードの文章を書くからずっと男だと思ってた
マークスの山は地味

 

41: 2017/12/03(日) 00:51:02.83 0
オレが一番好きなのはウィリアム・マッギヴァーン「緊急深夜版」だわ
翻訳が本当に素晴らしい

 

44: 2017/12/03(日) 00:58:37.72 O
和訳されたチャンドラー読んで感動してるレベルじゃ何読んでも感動してそう

 

47: 2017/12/03(日) 01:20:57.59 0
矢作俊彦の方のロンググッドバイ

 

48: 2017/12/03(日) 01:26:54.68 0
初期の志水辰夫の文体の素晴らしさ

 

49: 2017/12/03(日) 01:32:37.29 0
最高傑作かはともかくロス・マクドナルドのウィチャリー家の少女は好きな作品だわ

 

50: 2017/12/03(日) 01:45:36.27 0
まあウイチャリー家の女だな
カリフォルニアの夢の消失と重なる

 

引用元


関連の記事






全記事 | 小説 ラノベの新着記事

コメント

  1. おすすめ名無し より:

    野獣死すべし。
    映画版は頂点やろな。松田優作の狂った演技は必見。

コメントをどうぞ